« 6-0 | トップページ | 醍醐味 »

2006年6月18日 (日)

人の心配してる場合

昨日、うちのワンチャン(シーズー)が、階段から転んで落ちたのです・・ T_T

父が2階へ上がるのに着いて行こうとして、でも とても慌ててたらしく、足がからまったんだと思うのですが、それで6段目くらいから落ちたのです。。 6段目くらいといっても 小さなシーズーだから階段1段が自分の背丈くらいだから 結構痛かったんだと思うんですよね。。♭

そしたら、、  今日、母が駅の階段から落ちて 前歯が欠けたのです・・ T_T

大事にはいたらなかったようですが、それでも前歯が少し欠けた(削って揃えれば目立たなくなるくらいですが)くらいだし、本人は鼻も折れたと思ったくらいのこけ方だったそうです。 我が家では きっと ”テリー(我が家の愛犬)が先に身代わりになってくれたから これくらいで済んだんだね” と言ってるのです。

幸い今は、一緒に住んでるので本人達のその後の経過などが直接分かるから 必要以上に心配になる事もないけど 以前のように離れて暮らしてたとしたら イテモタッテモ居られないくらい心配しただろうな と。。  ましてやワンチャンのように 「どこが痛い」「どれくらい痛い」「痛みが和らいできた」 とか、安心させてもらえる材料をもらえないだけに辛いのですよね。。

自分の心配事なら 自分が何かすれば何とかなるし、先の予測も多少つく 何より自分の事だからイイんだけど 人の心配ってホント ただただ心配ですよね、吐きそうなくらい嫌だ。。 人間の感情の中で 一番無力感を感じる嫌な感情かも。

私の家族だけでなく 皆が明日も1日無事元気で過ごせますように ^_^

|

« 6-0 | トップページ | 醍醐味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6-0 | トップページ | 醍醐味 »