« 圧縮袋 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2006年7月28日 (金)

自分に合う事

複数の人から何度か同じ事を助言される事があったりします。

就職活動中の私は、昨日 ある会社の最終面接でその会社の社長を相手に面接したのです。 社長が相手の最終面接を受けるのは初めてだったので ほんの少し緊張はしていたのですが、社長にお会いしたとたん、緊張はそのほとんどが飛んでなくなっていました。 かなり大きな会社の社長なのですが とても気さくな雰囲気と 第一印象が私にはとても好感を持てたからかもしれません。

途中、社長が 「具体的に何か考えがあって聞くんじゃないけど、営業には興味ない?」 と質問されたのです。 最終面接くらいだと 通常一次とかで必ず答えさせられる ”今までの職歴をざっくり説明してください” とか ”長所と短所” とか ”こういうケースにはどう対処しますか?” みたいな質問はあまりなく、もう少しざっくりした事を聞かれたりするようですが、当然私は営業の求人に応募したわけではありません。 でも社長が続けて 「印象や性格的にも 営業はきっと向いていると思うよ。 特にうちの営業には向いている。」 と言われたのです。

この会社以外にも 別の会社や ご縁があって仕事を紹介いただいた方からも ”営業やってみない?” といわれることが 何度かあったのです。 その度に 全く興味がないわけでもなく、 でも 今更(年齢的な意味ですが)一から営業をさせてもらえる会社もないだろう とか そもそも今まで経験のある業務を続けたいし という事で あえて自分で希望する事はなかったのです。 それでも ”やってみてもイイかも” とか ”やってみたらうまくこなせるかも?!” と思う反面、少なくとも多少営業さん達の大変さを同じ同僚としてみてきた経験上 数字という結果で最終的に判断される厳しい業務をこなしていけるだけのものが自分にあるのか とか 厳しい世界にわざわざ今更身を置く事へのわずらわしさ とでこの先も本当に営業職に就く事はないんだろう と今時点では思っているのですが。

でも この社長のように 多くの営業を含む従業員を見てきた人からも そう指摘されると、ホントに向いているのかも・・ と思い 万が一でも ”その気” になってしまいそうな自分も居るんですよね。 まぁでも単に 今 IT業界で 技術職と営業の人材が足りてないから という事だけかもしれませんが ^_^;

理工学部出身の典型的な理系人間だった私は 全く疑問に思わず 新卒では技術職で採用されその後もずっといわゆる技術畑で働いてきたのですが、 ちょっとした事から以前の会社で企画系の仕事を任されるようになり。 最初は上から指示された事だから 断る意思もないけど でも ”こんな今までと全く性格の違う技術よりじゃない仕事、私にできるのかしら・・” という不安というか 迷いがあったのは確かで。  でも不思議な事に それ以降その営業支援的な仕事がどんどん充実していき、 ”あ~自分に合ってるのかも、楽しいし” と思えるようになっていたんですよね。 最初に私にその企画系の仕事を指示された上司の動機として 私がそれに向いているから という事より メンバー的にココが納まりイイ くらいの決定だったのかもしれませんが。

いずれにしても、よく仕事を続けていく中で ”自分が好きな事を仕事として続けていければいろんな意味で充実できるし能力を発揮できる・みかえりもある” ような事を言われることがありますが、 その好きな事を見つける為に 自ら何かにチャレンジしていったり、探求して行く事も大事だし 実際そうやって自分で見つけれればとっても素晴らしいしラッキーな事だけど、何かのチャンスが訪れて人から与えられた中からも 自分に合った事・好きな事 って見つかる事もあるんだろうな って感じたんですよね。 自分の知らないある部分の自分を人が言い当ててくれる とか 自分では発見できなかった自分に合った事を人が教えてくれる っていう事ってありますよね。 

かといって 私が今後 営業職に就くかどうか は 実際そういうタイミングとチャンスと いろんな事がそちらに向かわない限り、積極的に自分から希望する事はない と思うけど、、  今は今希望している業務でまずは何かを得たい と思っているから。。

これ以外にも 面接 って いろいろ自分自身を発見する事があるんですよね。 決して楽しい時間ではないけど、経験としては貴重なものです。 具体的な内容はもう少し就職活動が落ち着いた時に 後日談 として書きます ^_^

|

« 圧縮袋 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 圧縮袋 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »