« ヘディングの相手を | トップページ | 圧縮袋 »

2006年7月16日 (日)

相性のいい

暑い、、暑いぃぃ。。 >_<

梅雨の終わりまぢか 真夏の始まり 部屋で冷房を毎日つけだすのこの時期に 毎年必ず最初の夏バテになるんですよね。。 暑さに諦めと慣れが出てくれば まだマシ なんだけど。

暑いからまぁ少し髪も軽くしようかな と思い 先日美容室に行きました ^_^

もうココ何年も決まった行きつけの美容室・ヘアサロン に巡り合えず いろんなお店をてんてんとしてしまっているんですよね。 担当のスタイリストさんとの相性 というか 自分の要求と髪質をよく把握してくれるスタイリストさんとの出会い は 多くの女性の悩むところだと思います。

今回行ったお店がどうの という事ではなく スタイリストさんに対してダケじゃなく 多くの美容室に ??? と思うことも結構あって。。

まず 料金。 青山あたりに美容室がガンガン出始めたずいぶん昔から 美容室の料金って どういう根拠? って思うほど 無秩序に高くなってる気がするのですが。。 ここ何年もずっとロングの私なんて 毛先の痛んでる部分をカットするダケなのに 普通のカット料金取られるし。 期待したほど効果のでなかったトリートメントにカットと同じくらいの料金かかったりする。 あぁいう サービス業の料金の決め方は 原材料とか人件費以外の 雰囲気を楽しむ とか 高級感を味わう とかあるんだろうけど それらに満足して帰れるならそれでイイけど そうじゃないお店も多い、、 って思うんですよね。。

それと 私はそもそもあの ヘアサロンで働いている人 という人種が苦手 なんですよね、、 お店に入る前も 必ず ”さぁ、行くぞ” と気合を入れてお店のドアを開けてます。。 洋服の高級ブランドの路面店も 同じような威圧感というか 入りにくさはあるけど なんだかあの ”私達はモードの先端なのよ”的な雰囲気がイヤ というか。。 かといって 郊外の駅前美容院 には行かず やっぱり 雑誌で紹介されたり ネットで評判のお店に行くから そういう雰囲気感じちゃうのかもしれないけど。

で、そういうお店って 威圧しておきながら お客様は神様です 風の親しみも演出しがちなんだけど それがかえってぎこちない事もあったり。  美容室に来てるお客さんって 確かにスタッフの人達と楽しく話したい人も居ると思うけど 雑誌読み放題の長い待ち時間を楽しみたい人もいる。 私はどちらかと言うと後者で、そんな時に 恐らく お客様と沢山話す事もサービスのトレーニングの一つ とか言われてるかのごとく アシスタントの人が、その話今日8回目でしょ くらいに、 なんの前後の脈略もなく 自分が今朝電車で見かけた人の話 とか 私の興味ないジャンルの映画の話とかしてくる。 しかも そういう人に限ってタイミング悪く 読みたい記事を読んでるときに話しかけてきたりするんですよね・・

あと、その雑誌。 「雑誌お読みになりますか?」 って聞かれて 「はいお願いします」 と言って持ってこられたのが STORY と女性週刊誌 なんかだった日には もうそれだけでそのお店の評価はうなぎさがり。。 >_< 女性週刊誌を駅前美容院じゃなく いわゆるヘアサロンで堂々と読めるのは かなり意識がオバチャン化 した女性だと思うのに 自分のひざにそれらが乗せられた時の不快感。。

そもそも 100人が100人女性は 自分の年齢をぴたり言い当てられたらあんまり気分よくないですよね? 上に言われようもんなら殺意さえ感じる?! 2・3つ若く言われるのは当然、5・6つならとっても嬉しい ^_^ 10も若けりゃ嫌味か って事にはなるけど。。 なのに 私に STORY と女性週刊誌ぃぃぃ?! って事なわけですよ。 そういうの持ってくるのは限って若い男性スタッフ。 しかも 美容師になりたいありがちな 中途半端にイケ面の でもどこか貧相で でも自分では ”俺もカットできるようになったらそのうちカリスマ美容師” なんて思ってそうな人。 でもそれくらいの女性の心理も分からずに 99%女性相手の美容師という仕事でカリスマになんてなれるハズなし!

なんていうその他モロモロの美容室に対する不満はありつつも 一番の不満 は なかなか自分の要求をじっくり把握してくれず 私の髪質と髪型に合うスタイルに仕上げてくれないスタイリストさん。。 私の場合、結構なクセっ毛で クセっ毛の人は直毛の人のようにキューティクルが一定方向に揃わないから髪が乾燥しがちなんだそうです。それにクセっ毛の人なら皆悩む事だけど 水分を吸収するとクセが強くなって髪が広がる。そもそもパサついてる上に梅雨時期や雨の日なんて しゅうしゅうつかなくなるワケなのです。 クセっ毛は髪の生え方だって つむじから一定方向なわけじゃなく どこかでパックリ割れたり と いろいろあるわけです。 まぁでも 直毛や 髪のコシがなくボリュームの出ない人もそれはそれで悩みなんだろう とは思うけど。

まぁだから 人には十人十色な髪の悩みがあるわけで。 でも 私はこれまでに ”あ~この人は私の髪の特徴をよく分かってくれてるな” と思えるスタイリストさんに出会えた経験がないんですよね。。 それに だいたいほぼどんなスタイリストさんでもそうだけど やっぱり ”流行り” の髪型 にしたがるんですよ。 というか お客が流行りのスタイルを望んでる と思い込んでる というか。。  私の場合、今ロングの人が殆どしている 髪をすいたスタイルは 私のクセっ毛の髪には合わないから あんまりすかないでください って毎回言うのに(しかも どうしてすいちゃダメか まで説明して 納得してくれるのに)すいちゃうんですよね。。 以前に美容師さんが言ってたけど やっぱり美容師になるくらいだから 皆基本的に ”切る” 事がすきなんだ って。 美容師じゃなくっても 普通に私達もはさみで紙を切る事って ある種 快感ありますもんね。 美容師の人は 髪を切る事に快感覚える人 当然多いそうです。 それに すきばさみ じゃないはさみで 髪をシャカシャカすく技術とか 使いたいんでしょうね。。 でも お客がしないで って言ってるんだから しちゃダメですよね。。。 T_T

切ったのって元に戻せないんだから とりあえずお客が言った要望に近い状態で仕上げてみて それでおかしかったら切りなおせばイイんじゃないの って思うのに だいたい 切りすぎちゃうんですよね。。

と まぁ いろいろ美容室に対する思いは募るわけです それに スタイリストさんとは相性というものがあるから 人から ”いいよ” といって紹介されたからといって自分にもイイとは限らない。 こうやってまた 私と相性のいい美容室・スタイリストさん との出会い探し は続くのです。。

|

« ヘディングの相手を | トップページ | 圧縮袋 »

コメント

私の奥さんは元美容師なので、、、勘弁してください!!w

お客様の立場から見れば高いのかもしれないけど、この業界、なんと言うか美容師の給料が安すぎです。よく美容師やってられるね、というような給料です。おまけに朝から夜中まで働きます。会社の事務をやっていたほうが倍以上の給料もらえたりします。

ちなみに、離職率も高いらしいです。。

堪忍してください。。。

投稿: | 2006年7月21日 (金) 01時43分

そうですね、美容室のスタッフさんがいかに長時間・お休みなく働いているか は私も聞いた事があります。
大変な重労働ですよね。
営業が終わった後も夜中まで練習が続くとか。
どこの世界でもお金の流れはいびつです。。

投稿: chiyocolate | 2006年7月21日 (金) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘディングの相手を | トップページ | 圧縮袋 »