« 開脚ダイエット | トップページ | ヘディングの相手を »

2006年7月 9日 (日)

字を書く

先日母が 人前で話す内容を事前にメモ書きしていたのですが その時に 「パソコン(メール)だと言葉がスラスラ出てくるのに 紙に書いてると言葉につまって時間がかかる」 と言ったのです。 ブラインドタッチなんて程遠いくらいのキー入力の母でさえそんな事言った事にちょっとビックリしたのですが パソコンを多少触れる人なら皆そう感じるのかも?

私はそもそもあまり字を書く事が好きではないのです。。 字もヘタだし 子供の頃から沢山ノートをとる方でもなかったし。 パソコンを触るようになってからは、仕事でメモをとる時くらいしか字なんて書かなくなったような。。 きっと私達母娘は比較的字を書くのが苦手な方 なのかもしれないけど だから余計に 頭で考えた言葉を編集しやすいパソコン上だと 文章を作るのが楽なのかも。。

でも アメリカ滞在時に気付いたのですが、英語は字を書く事が苦痛じゃないんですよ やっぱり! それが証拠に、どうしてだか無駄にページ数の多いあのアメリカのノートでも すぐに使いきっちゃってたんですよね。(子供の頃なんてノートを1年で使いきる事なんてほとんど無かった私が。。)   ビジネス関連のクラスをとっていた時、試験勉強に先生が毎回配る講座の内容の概要プリントを全部書き写してたのですが 日本で学生だった頃の私には考えられない事です。。 まぁそもそも理系人間だったので そういう地道な記憶学習はキライだったのですが ^_^;  でも英語でだと すごい量のプリントを(アメリカは教科書もスゴく分厚いし資料も大量に配られます)なんと3回も全て書き写して勉強してたのですよね。 それもこれも英語だと 書く 事が苦じゃなかったんですよねやっぱり。実際、手が疲れないし 書く事に飽きない。

日本語や中国語のように画数が多い文字の言語の読書時は 英語などを読む時より目を酷使していて疲れる って何かで読んだ事があるけど 当然 書く事に関しても同じですよねぇ。

パソコンの入力だって 一文字のために2回キーを叩かなきゃいけないし(親指シフトは早かったけど~^_^) ましてや単語毎に”変換” が必要だし。。  日本語、素敵な言葉だけど効率を考えたら・・不利だなぁ。。

|

« 開脚ダイエット | トップページ | ヘディングの相手を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開脚ダイエット | トップページ | ヘディングの相手を »