« Greg と 担々麺 | トップページ | 日常の中の非日常 »

2006年12月13日 (水)

エラい事になりました・・

なんと、入社1ヶ月と12日で たった二人きりのチームメンバーである上司(マネージャ)が来月会社を辞める事を知らされました。。

US本社からディレクタが来ている事は昨日のブログに書きましたが、事前にセッティングされたディレクタの東京オフィスでの打ち合わせの数々に、二つ三つ 出席者が”彼だけ” というミーティングがセッティングされていたのです。 まぁでも 私の知らない誰か と打ち合わせするんだろう と思っていたら。。   それは ”面接” だったのです。。

マネージャは普段から朝は遅めの出社なのですが、ディレクタも今日は遅く、彼らを探して今朝人事の人が 私に居所を聞いてきたのです、少し焦って。 結局、朝一番でセッティングされてあった マネージャのポジションの面接の件で行き違いがあったらしく。 まぁその後すぐにディレクタが出社して面接に出て事なきを得たのですが。 でも、その時点で私は ”おかしい” と思ったわけです。。

だって、マネージャより下のポジションの人を採用する為の面接なら まずはマネージャが面接官として出席するハズなのに、マネージャは出社しても面接には出ていない。 でも マネージャとディレクタの間のポジションを採用するとは思えない。

そもそも 今の私達の日本でのチームメンバーはマネージャと私だけ。 私が入社する前は、マネージャが一人でチームメンバーだったから(10月からの組織変更後)、まずは一人増やそう という事で私が採用されたわけで。 なのにこんなにすぐ もう一人増やすとは思えないし、そんな話私も聞いてない。。 という事は、、マネージャのポジションの面接に違いない、、 と 忙しい仕事のさなか 推測を立ててたわけです。 結局ドンピシャの当たり だったのですが。

さらに疑問だったのは、マネージャが希望退職なのか、解雇なのか。

今私が居る会社は、社歴1年で退職 が ざらにある会社なのです。 さらには、会社の評価の結果解雇、というのも珍しくない外資系会社で。 でもかといってマネージャは解雇されるほど評価が低いとも思えない。 やっぱり 希望転職なのか。。

などと思い巡らせていたら、 マネージャのところに別件で話にきた別の部門のディレクタが(この方と私のマネージャはとても仲がいい) 話の最中にポロっと 「でも、○○さん(私のマネージャ)が 居なくなった後に それを全部把握してる人が居ないと・・」 という やっちゃった発言 をしたのです。。  やややややや やっぱり。。

今日の今日まで 全く予想していなかった事態なだけに 驚きました。

その後夕方、やっと私とディレクタだけの打ち合わせの際に、

「もしかしたら 噂や何かで気付いているかもしれないけど ○○さん(マネージャ)が、1月で会社を辞めます。 ××社へ転職するんだけど、私としてもとても残念なことです。 でも!君は何も心配しなくて大丈夫だから。 今既に3人のマネージャ候補者と面接をしていて、○○さん(マネージャ)より経験豊富で しっかりマネジメントできる人を雇う予定だし、僕が随時サポートするし、僕は良いディレクタだから大丈夫! でも少しでも君が不安になる事があったら、すぐに何でもまずは僕に連絡してきて。 全て対応するから。それに年明けにまた1ヶ月東京に滞在して 全てうまく事が運ぶようにとりまとめするから。」 なんだそうです。

今となっては マネージャがすぐに辞めるつもりで私を採用したのかどうかどっちでもイイんだけど、 寝耳に水 な話である事は確か。

でも、幸い私は ”上司が居なくなる” というシチュエーションが初めてではないので、”上司が居なくなる” という事にはそれほどグッタリはしていないのです。

一番気になるのは、私ですら私達の部署の業務やら、すごく手のかかる社内システムの使い方やらをまだまだ把握できているわけではないところへ、更に私より新しい人が私の上司としてやってくる 事がどちらかというと懸念点なのです。

そこへ持ってきて 更に今日は問題勃発。。

どこの会社でも Webの管理 はヤッカイな問題だと思うのですが、 Webマスターがキッチリ決まっていれば そうそう問題もないですが、今の会社は そもそも日本のホームページも USでローカライズ・更新・運用 をしていて、日本のWeb担当者も 自分の裁量では触れないのです。 いちいち USに修正やら変更をお願いしなければいけない。 でもそれでは間に合わないローカルなニュースの更新などは、各地域で直接編集できるようなシステムが用意されていてるのです。 でもそのシステムも結構複雑で 二段階に別れていたり、ある部分はUSに許可してもらわないと次へ進まない とか ヤッカイな賜物なのです。 それに更に更に、会社のHP だけじゃなく 顧客専用ポータルサイトなど派生するサイトも存在していて。。

で、そのポータルサイトの対応業務を 日本のWeb担当者が自分の業務範囲外だ と言い出して。。 Web担当者の上司は私達のディレクタに 「そもそもオタクの関連のサイトなんだから オタクからプライマリ担当を出してくれ」 と言うことになり、 そうなれば そのプライマリ担当は当然 私なわけです。 だって チーム二人のうち 一人は辞めるんだから。。。

上司が来月辞めてしまう事や、会社の事を知らない上司がやってくることや、業務がさらに手一杯になる事、専門でないWebの担当もさせらる事 など今日一日で起きた出来事に うんざり・グッタリするか と思いきや、案外そうでもないんですよね。 かなり平気らしい、私。

実際、 ”うわ~” とは思ったけど、 なんだか そういう一大事 に順応する事に慣れてきた というか。。 現実的にあんまり参ってない。 図太くなったのかな。。

基本的に どれもこれも ”私にとって悪い出来事” ではないわけだし。

唯一 アンラッキーな事と言えば、 マネージャが辞める時期が早すぎたこと。 例えばあと半年後だったら もしかしたら・もしかしたら 私がマネージャに上がってたのかもしれない。 でも 今はぜんぜん経験不足すぎるから私がマネージャの代わりはできない。 まぁそんな事も これまでもよくあった事。 だから それもほとんど気にならないし(私が男性ならもう少し気にしてたのかも)。

いずれにしても、前回書いた ”悩みの種” がこれで更に複雑な問題になった1日 なのでした。

|

« Greg と 担々麺 | トップページ | 日常の中の非日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Greg と 担々麺 | トップページ | 日常の中の非日常 »