« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月17日 (土)

やっぱり”出張”

時差の加減もあり 結局ボストン便りは3つしかできず もう今日東京に帰ってきてしまったわけですが、やっぱり 海外旅行とは言え出張は出張、接待旅行でもなんでもない本来の出張だから ひたすらホテルと会社の往復、、全くボストン市街にもいけず雪に覆われた仕事付けの毎日でした。

しかもアメリカ人は朝が早い(のだと思うけど)から朝8時からの打ち合わせも多く、慣れない環境だから寝坊できない と気がはって、毎晩1時間置きに目が覚めてしまうしまつ・・(@_@;) 普段日本では目覚ましがなっても二度寝してしまうタイプなのに 自分でもビックリ。。

最後の出社日の午後は コマゴマと1時間づつ4つも打ち合わせを入れなきゃいかなかった事もあり、時差ぼけと寝不足と疲れで 打ち合わせ一つ終わる度に ”あと3つ”、”あとふたつ”、”あと一つ!”、”はぁ、、、終わった。。。。” 終わったときには 1分でも早くホテルに戻りたいほど疲れていたのでした。。

そして今朝(というかアメリカ時間では昨日)は フライトが9:05だったので 5時起き。。。 打ち合わせ遅れちゃうより飛行機乗り過ごす方が何倍もヤッカイだから これまた緊張して寝れない。 しかも14日バレンタインディから雪が積もっていて 飛行機が飛んでくれるのかの心配の一つ。

案の定、、、充分早くに空港に着いたものの、雪の影響で まずはGateチェンジ。 予定の時間になってもまったく搭乗が開始される雰囲気はなく、アナウンスで 「デトロイト行き9時5分発は 搭乗ゲイトの変更の可能性が大なので アナウンスを注意してお聞きください」 と伝えられた20分ほどしてからやっと 「Gateチェンジのお知らせです、デトロイト行き○○は ゲイト2Aへ移動ください」 と 民族大移動。。

その後 2Aに移動したのがすでに9時を過ぎていて。 デトロイトの乗り継ぎ時間がそもそも1時間10分しかない予定だったから もうその時点でハラハラドキドキ。9時半過ぎても全く動き出す雰囲気もなく、カウンターに乗り継ぎ予定のお客が並んでも やる気なさげな係員が 「乗り継ぎが12時前の人だけチケットみせて」とは言ってるものの、私は12:38だけど 12時前と同じようなものだ と思い チケットを見せに行くと 案の定「No probrem. That's fine.」 絶対 fineなハズないのに。。。 本当にこういう時アメリカ人っていい加減だ。。 イイ意味ではセカセカしてないおおらか なのかもしれないけど、結構ひとごとでどうでもイイにきまってる(>_<)

よーやく1時間半以上遅れ出発したのですが、その時点で予定のフライト時間で考えるとどうみても12:38にはつけない、とっくに”終わってる”。 でも機内アナウンスで 予定のフライト時間が1時間近くも縮まってる、、、 ななななななんで??? 飛行機ってそんなに融通きくの??? なんで1時間近くもちぢめて飛べるわけ? というか多分行きも思ったんだけど ドメスティックのフライトは かなりフライト時間をいい加減に(おおめに)見積もって書いてるように思う。 行きも かなり早くに着いたから。

でもいずれにせよ それでも到着時間は12時過ぎ。。 そして実際に飛行機がデトロイト空港の地面に降り立ったのも12時過ぎ、 でもでも そこからがまた異常に時間がかかり、私が飛行機を脱出できたのが 12:37分。。 

さらに悲劇は続き、デトロイトの空港をご存知の方なら分かると思うのですが、あそこはアメリカの中でも大きな乗り継ぎの空港で、1本の長い長い建物は端から端までシャトルの駅が3つほどあるくらいに大きい。 私達の乗った飛行機が着いたゲイトを出たとき 「成田行きの方は急いで走ってください! ゲイトはA40です」 と聞いた時に愕然・・・ ものスゴく遠いのです。。 ”あなた、A40がどこにあるか分かって走れって言ってるの??” って言いたくなるくらい。。

ひたすら走りました、、 でも本当にA40なのか(あまりにも遠いから)心配になって 途中のモニターで確認してもやっぱりA40。。 やっとA40まで 動く歩道1本分くらいに近づいたときに 日本語の館内アナウンスで「成田行き○○便にお乗りの○○様(私)、A40ゲイトへ急いでお越しください」 っていうか急いでるんだって、、せいいっぱい急いでるんだって。。  

でも これで一安心、館内放送で呼び出されるって事は待ってくれる って事だし(^_^;) で、ようやく息もきれぎれ乗り込めたのでした。。 帰りの席は 周りの人に悩まされる事もなく 比較的のんびり過ごせました。

そしてそして最後の難関。 私達ボストンから成田行きにデトロイトの長い長い空港内を走った人達は、そうやって思いっきり走らされたから次の飛行機に乗れたわけで、 自分でおもいっきり走れない私達の荷物は 次の飛行機に間に合っていなかったのです・・(@_@;)

成田のラゲッジクレイムでひたすら待っても荷物は出てこず、同じような人達で問い合わせに行くと、やっぱりやっぱり 荷物達は乗り過ごしていたそうで。。 でも20分後に次のデトロイトからの便が到着するからもしかしたらそれに乗ってるかもしれない、乗ってなかったら後日自宅に配送します。 という事で 次の便の到着を待てる人達はそこで待つ事に。 東京に旅行に来たアメリカ人家族も次の便を待つ事にしたようです。

次の便の荷物が なぜだかそれから1時間くらいして出てきて、恐らく最初に普通のその便の搭乗者の荷物が流れ、次第に荷物を待っている人も私達の便の人くらいしかいなくなり、、 ”やっぱりコレにも間に合わなかったのかしら。。” と思い始めた時、荷物の出口のまん前で腕組みしてたそのアメリカ人パパが 家族に向かってガッツポーズ! そして自分を指さし”俺のが出てきたぞ!”と(^o^)丿 やった~ 彼のが出てきたって事は 私達のも出てくるって事! いや~ ようやく 長く疲れた出張が終わったと感じた一瞬でした(^_^)

次は絶対”DAISUKE”見に行くぞー! (そういえば、向こうのテレビのニュースでもよく出てました松坂くん)

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

ボストン便り 3

昨日夜中から雪が降り積もり 今朝はかなりの積雪でした。
朝のニュースでは 休校になった学校や、お休みになる公共機関、交通情報などがずっと流れていて、
それでも 滞在ホテルから事務所まで通常車で10分ほどの道のりを 朝はそんなに遅くならずにたどり着けたのですが、、
今日の午後から雪に雨がまじり風も強くなる という天気予報だったので、このあたりの車での通勤事情から ほとんどの社員がもう午後3時くらいに切り上げて帰ったのです。

こっちの人達とのMeetingのために来ている私も当然帰ることに。
打ち合わせもほとんどリスケになって、ホテルに戻ってきてインターネットにつないで仕事をしてると 日本からの急ぎの電話が入ったり と、”私ってボストンに居るんじゃ・・”
という疑問にかられた1日でした。。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

ボストン便り 2

ここボストンは 緯度的には北海道くらいかもう少し南なのでしょうか(よく分からない)、トランジットしたデトロイトでは少し雪が積もっていたのですが ボストンは全く積もっていません。
でも 天気予報によると 今晩かなりの雪が降るらしいです。大阪人の私には 雪はちょっとした楽しみでしかないけれど 住んでいる人には当然重大問題。
今年の東京のように どこも温暖化の影響でとってもオカシイ。 私のボスの奥さんは 7年日本に住んだ事のある韓国人。彼女がソウルも今年はとっても暖かいって言ってたし。

この会社に入社して3ヶ月とちょっと。 社内で使っているマーケティング関連のシステムや、実行されるプロモーションの数々など どれもアメリカ本社が企画して 日本へ落としてくる。
中にはアメリカでローカライズされてくるものもあれば 英語のものを自国の状況により使うか使わないか決めてローカライズするものもあり。
当然 細かく担当が分かれていて、これまではそれぞれの担当から電話会議で説明を受けていたわけですが ココへきて 実際にこれまで電話でしか話したことのなかった人たちと 直接会って説明を聞くと やっぱりぜんぜん理解度が違うのですね。 いろんな事が今日1日でもとってもクリアになったわけです ^_^
こんな事なら もっと早くこっちに来る機会を持ってもらえばよかった と思うくらいに。
なんでもそんなものですね たぶん。 やっぱり人間だから 会って直接顔を見て話す というのは 仕事に関わらずどんな場面でもやっぱり大切なことです、どれだけエレクトリックなコミュニケーションが発達しても。

そんなミーティング漬けの1日が終わり、今晩はボスの奥さんと3人で食事。
彼らはつい2週間前に結婚したばかりで、日曜まで10日間 フロリダにハネムーンに行っていたらしい。
食事の時 その韓国人の奥さんが 韓国の現状を少し話してくれたけど、やはり韓国も晩婚化が進んでいるそうで 彼女のいとこが40歳で司法浪人で結婚もしていないらしい。
韓国では ”40歳でリタイア”したい と言われるほど 早くリタイヤしたい人が多いから そのいとこはかなり親類の中でも居心地が悪いらしく、ここ数年親類のイベントには顔をださないらしい。。 どこの国もそのあたりの感覚は似たりよったり。

時差ボケで食事中からかなり眠く ボスも気遣ってくれて 今日は早々に引き上げました。ボストン名物のクラムチャウダーをとりあえず平らげて(ちょっと塩からかった) ^_^;

さて明日はどれくらい積もってるかしら、ちょびっと楽しみ。

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

ボストン便り 1

今日から1週間本社出張(ボストン郊外のNeedhamというところ)。久しぶりのNEX、久しぶりのNorthwest。
去年、つぶれかけたアメリカの航空会社はどこでしたっけ?Delta? Northwest? 
なんだか 久しぶりにNorthwest に乗ったけど、かなり ボロボロだった。。 しかもきたない。。
ボストンへは成田から直行便がないので 今回は Detroit経由。

最近思うのが、成田行きや、成田発の飛行機に 中国系の人たちと沢山乗り合わせること。
一昔前(ってどれくらいだろ ^_^;)は 成田発着なら アジア人はほとんど日本人だったように思うのですが、ここのところ中国系の人が半数近く居る事があるような、、 NewYork-成田間ならなおのこと中国系の人たちが多い感じがするのです。やっぱり中国の人が沢山海外旅行するようになった、、のでしょうか。

そして今日は座席のアタリがスゴく悪く(一週間前に駆け込みでチケットとったし・・)、3人席の真ん中。
左は海外旅行の達人日本人おばあちゃん、右は英語が全く話せない中国人のおじさん。。

左のおばあちゃんは、なんだか 脳の障害だか 知的障害だか(ぜんぜん違うけど あんまり詳しく聞かなかった)のコンベンション(?)で年に一度はアメリカの南東部の都市に来ているとか。 でも、毎回ツアーについて回るだけだから 今回は一人でしっかり回りたいらしい、ので一人旅、しかも行き先はNewYork。
でもこの達人ばあちゃん、さすがにちょっとばかりスゴい。 機内持ち込みの荷物は足元に置いてるんだけど、その小さなボストンバック(のような)にはドラえもんのポケットのごとく いろんな物が入ってる。
おもむろに 20cm四方ほどのダンボールをたたんだものをバックから取り出して組み立てて、
「コレをね、足元において足置きにするのよ。私小さいからコレがあるとラクなの。」 といってはいてきた靴をその箱にちょうど具合よく収め、代わりのスリッパを履いてダンボールを足元に置いて その上に足を置いて。 おばあちゃんやるねぇ。。
その後も そつなく機内のイベントに対応してる。 食事のチョイス、関税用紙の記入、映画のヘッドフォン、ライトつけて読書、エコノミー症候群防止にたまに散歩。
どう見ても70才はとっくに超えてるおばあちゃん。。

左の中国人おじさんはといえば、これまた THAT'S 中国人。 全くと言っていいほど英語も日本語も話せないのに、話しかけれられると相手が何語であっても平気でベラベラ中国語で押し通す。
「 Chicken or Beef?」 にも まったく理解を示さず、私とおばあちゃんとで アレコレなんとか説明してもラチがあかず、おばあちゃんなんて 「コケコッコ~」と鶏のマネまでする始末。。
英語分からずNorthwest乗ってるんだからチキンでもビーフでもどっちでもイイだろ と思い、私が チキンプリーズ と言ったら 「隣はツレか?」 って聞かれたので 違うけど彼にもチキンを、といっておじさんにチキンを渡すと、ビーフをもらったおばあちゃんが 「私のコレはビーフなのよ」と見せたところ、”うわ、ワシもこれこれ!”とフガフガ言ってるから しょうがなく私は 「スミマセン!彼のをビーフとかえてあげて」と。。 >_<
このあたりがまさしく中国人ですね。。 英語の出来ない日本人なら 意思が伝わらずチキンがきてしまったら ”しょうがないなぁ、まぁいいかコレ食べよう” とたいていはガマンすると思うのですが、中国人おじさんは何も伝わってないのにビーフをGetしてしまう。。 おそるべし。

そして、デトロイトまでの機内12時間を快適に過ごせなかった(っていうか しょせんエコノミー)最大の理由は 後ろの子供。。
機内に乗り込んでまだ動き出す前、どうもずっと背中をコツコツする感じがおさまらず、荷物の整理でもしてるのかな と後ろをチラっと振り返っても人影はなく。。 でも さらにコツコツがヒドくなるので 改めて後ろを覗き込むとそこには背もたれよりぜんぜん小さな子供が座ってる。。 その子供がガサゴソ コツコツ ガンガン私の背中を蹴っている。。
その私の一瞥で たぶん 隣に座ってるお父さんは 「静かにね」とかなんとか言ったにちがいない、 ほんの一瞬 静かになった。
けど、、、、その後の12時間 ずーっと コツコツ、ガサガサ、、動きっぱなし。 しかもしゃべりっぱなし。。 さらにこの親子(恐らく母親は別の席に座ってる)、お父さんも疲れ知らずなのか 子供のお話(というか 声がでかい)に付き合ってあげていて、多分日本語で言うところの「、、、だよね」 の ”ね” みたいな 文末が やたらに耳に付く。。 しかも親子ともに声がデカい。。
多分 3・4歳くらいだから 親には何をされても可愛い時期なのかもしれないけど。。
病み上がり(ってまだ完治してないし)・東京に山ほど仕事残してきてる・本社でもタップリ打ち合わせを予定されていて・関連部署の人達にも挨拶周りしないといけない多少の緊張・16時間も途中経由を含んでエコノミーに押し込められてる私からしたら、 可愛げもなにもない迷惑なただのうるさいガキ。。
おかげで 後半はずっと気になって落ち着かなかった。。
外国で見かける中国人は 私の中では ”がさつで声大きいし、お行儀よくないからキライ” な人たち。。
東京の人でたまに ”大阪人は声がでかいしなんだかキライ” っていう人がいるのと同じくらい 些細な感覚なんだけど。。 
でも 外人だけじゃなく日本でも子供が公共の場でお行儀よくないのは 一昔前(また出た)に比べてよく見かけるように思います。.。
自分に子供が居ないから 余計に目が厳しくなってるのかもしれないけど、確実に親は甘くなってると思います。。 ^_^;

そんななんだかんだで 今回しみじみ感じたのは 生意気でもなんでもなく、そろそろエコノミーは嫌だ。。 という事。
それこそ一昔前、もっともっと若い頃は 食べて・寝て・ちょっと映画見て のフォアグラ状態でも その窮屈さでさえ楽しかったりした頃もあったけど、 さすがにもう嫌ですね、、大人なら優雅にノンビリ空の旅を楽しみたいものです、、余裕があれば。。 (海外出張でビジネスクラスに乗れるようになるのは先が見えなくいら先の話な気はする)

そんなかなりアタリの悪い今回のフライトを終え、ホテルにチェックインし、本社のボスに電話をしたら(夕方) 自分が忙しいのもあってか あっさりと 「今日はもうホテルでゆっくりして、明日オフィスで会おう」 といってくれたので ホっと一息。
そして今は 24シーズン6放送中 ^_^   (まだシーズン5も見てないのに。。)

| | コメント (0)

2007年2月11日 (日)

アメリカの底力!?

アメリカン・アイドル シーズン6 (「歌唱力で勝負するオーディション番組」といううたい文句) が ケーブルテレビで始まったのです。

CDでも アメリカンアイドル出身 というアーチストのものがよく出ているから 皆さん聞いた事はあると思いますが。 シーズン6がアメリカでは1月から始まっていて(24と同じ時期に毎年始まる) 日本ではケーブルで3・4週遅れで放送されていいます。

そのシーズン6が始まる前 ずっと番宣CMが流れていて、「アメリカン・アイドルは歌唱力で勝負するオーディション番組です」のセリフの後に、シーズン5で優勝を逃した 4人が歌う場面が流れ その後に 「全員落選」 と出るのです。 ホントに皆 スゴいのです、そのまま普通に歌手になれる。日本のその辺の歌手よりぜんぜんうまい。

でも もう一パターンCMがあって 同じセリフの後に ”何のオーディションに来たの!?” っていう オンチなどでは表現しきれない 珍獣(としか表現できない)達が現れるものもあるんですよね。。。 

そして シーズン6が土曜から始まって、まだ初回2回は 予選の様子を流してる。 シーズン5の予選には10万人が応募したらしいから まぁその応募者達のバラエティに富んでること といったら ホントに アメリカの”いろんな人が居る”という底力 を感じる。 

いやぁ~ 本当にヘン なんですよ。。。 口が開いちゃうくらい。 ヘンすぎて呆れて笑ってしまう。 有名な辛口審査員のサイモンの気持ちがよーく分かる。 着ているものでヘン っていうダケじゃなく 容姿までものスゴくヘンな人達がやってくる。 やっぱりあんな人達は日本にはそうそう居ないかも。。

そういう面白さは この予選の回くらいだとは思うけど。 人数が絞られてきたら 本来の歌唱力のスゴさに またまた これまで既に5回もやってるのに まだまだこんなに歌のうまい人がうじゅうじゃいるんだ っていう底力 にもビックリするんですけどね ^_^;

そして私は そんなアメリカへ、明日から本社出張のためボストンへ。 移動は疲れて 東京の仕事がたまっちゃうけど それでも今は東京オフィスを離れられる事だけが とっても嬉かったりして ^_^;

では 次回はボストン便り という事で。

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

各国のだめんず

だめんず ドラマにもなって大流行ですが(ぜんぜん見てないけど)、日本人だけじゃなく どこの国にもいるんですね (^_^;)

ものすごい偏見だけど 例えば欧米人には だめんず なんてそうそういないような 変な固定観念がある(いや、実際はないけど。。)けど、 なかなか日本にずっと住んでると だめんずな外人に遭遇する事は少ないと思います。

でもでも、昨日もお話した私のような働く30代女友達の会社(外資系金融企業)にも スゴいだめんずフランス人 がいるみたいだし、 私の会社にもだめんずアメリカ人が居る。。 

私の会社にいる人は だめんず というより ”こんなタイプやっぱり外人でもいるんだ”。  ”こんな” とは 上司の評価を異常に気にして建前でスゴくごますりをするタイプのサラリーマン。

上司や取締役のご機嫌ばかりを気にして 下から見るとイヤらしく見える人 も ある意味 だめんず。。

やっぱりこういうのって グローバルスタンダード ですね (^_^;) いや だめんずぶりなら グローバルっていう意味では 外人の方がひどいかも・・?
(フランス人だめんずの話は ひと事だから 聞いてて相当面白かった。 自分に火の粉が降りかかると 面白いなんて言ってられないけど。。)

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

欠けているもの

私と同じように 30代半ばから後半の女性で、仕事をしっかり持っていて、一人暮らし の友達(私を含め3人)で話していた時のことです。

世の中の大半の女性のように 30歳前後で結婚し、子供を少なくとも一人くらいすぐに産んで、仕事を辞めて。。 という平均的な女性の一生から すでに大きくずれている私達 は 当然少数派 なワケだけど、 負け犬 とネーミングまでされたように 今の時代は私達のような”種族”も ある一定数確実に存在し、しかも種族は皆当然似通った生活を送ってる。

だとすると 恐らく こちらの私達には ”確実に” 平均女性達にあって私達に無い何か があったはず。 「私達 確実に何かが欠けているはずだよね」 と話していたのです。

決して人生のパートナーにものスゴい高望みをした とかじゃなく、逆に恋人と呼べる人が一人も居ないほど魅力がないわけでもなく、仕事が彼氏 などというほど仕事一筋なワケでなく、、  なのに 何が違うんだろう。。 

恐らく人間は 30歳くらいまでには結婚して親になるようにできている動物だ と長い人間の歴史を見ても思うんだけど、それを ムリに避けてきたわけじゃなく 結果としてしていない私達は きっと そういう本来の人間のあるべき生活を送れない何か、これは確実に欠落してる何か があるように思うんですよね。。

そしてたぶん、その”何か” は 私達以外の皆には 何となく分かってる事なんだ とも思うんですよね。 私達自身では分からないけど。。 ”彼女達はココが欠けている” と。

ただ、そちら側 に行きたいわけじゃなく 違い が知りたいんですよね。。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »