« アメリカの底力!? | トップページ | ボストン便り 2 »

2007年2月14日 (水)

ボストン便り 1

今日から1週間本社出張(ボストン郊外のNeedhamというところ)。久しぶりのNEX、久しぶりのNorthwest。
去年、つぶれかけたアメリカの航空会社はどこでしたっけ?Delta? Northwest? 
なんだか 久しぶりにNorthwest に乗ったけど、かなり ボロボロだった。。 しかもきたない。。
ボストンへは成田から直行便がないので 今回は Detroit経由。

最近思うのが、成田行きや、成田発の飛行機に 中国系の人たちと沢山乗り合わせること。
一昔前(ってどれくらいだろ ^_^;)は 成田発着なら アジア人はほとんど日本人だったように思うのですが、ここのところ中国系の人が半数近く居る事があるような、、 NewYork-成田間ならなおのこと中国系の人たちが多い感じがするのです。やっぱり中国の人が沢山海外旅行するようになった、、のでしょうか。

そして今日は座席のアタリがスゴく悪く(一週間前に駆け込みでチケットとったし・・)、3人席の真ん中。
左は海外旅行の達人日本人おばあちゃん、右は英語が全く話せない中国人のおじさん。。

左のおばあちゃんは、なんだか 脳の障害だか 知的障害だか(ぜんぜん違うけど あんまり詳しく聞かなかった)のコンベンション(?)で年に一度はアメリカの南東部の都市に来ているとか。 でも、毎回ツアーについて回るだけだから 今回は一人でしっかり回りたいらしい、ので一人旅、しかも行き先はNewYork。
でもこの達人ばあちゃん、さすがにちょっとばかりスゴい。 機内持ち込みの荷物は足元に置いてるんだけど、その小さなボストンバック(のような)にはドラえもんのポケットのごとく いろんな物が入ってる。
おもむろに 20cm四方ほどのダンボールをたたんだものをバックから取り出して組み立てて、
「コレをね、足元において足置きにするのよ。私小さいからコレがあるとラクなの。」 といってはいてきた靴をその箱にちょうど具合よく収め、代わりのスリッパを履いてダンボールを足元に置いて その上に足を置いて。 おばあちゃんやるねぇ。。
その後も そつなく機内のイベントに対応してる。 食事のチョイス、関税用紙の記入、映画のヘッドフォン、ライトつけて読書、エコノミー症候群防止にたまに散歩。
どう見ても70才はとっくに超えてるおばあちゃん。。

左の中国人おじさんはといえば、これまた THAT'S 中国人。 全くと言っていいほど英語も日本語も話せないのに、話しかけれられると相手が何語であっても平気でベラベラ中国語で押し通す。
「 Chicken or Beef?」 にも まったく理解を示さず、私とおばあちゃんとで アレコレなんとか説明してもラチがあかず、おばあちゃんなんて 「コケコッコ~」と鶏のマネまでする始末。。
英語分からずNorthwest乗ってるんだからチキンでもビーフでもどっちでもイイだろ と思い、私が チキンプリーズ と言ったら 「隣はツレか?」 って聞かれたので 違うけど彼にもチキンを、といっておじさんにチキンを渡すと、ビーフをもらったおばあちゃんが 「私のコレはビーフなのよ」と見せたところ、”うわ、ワシもこれこれ!”とフガフガ言ってるから しょうがなく私は 「スミマセン!彼のをビーフとかえてあげて」と。。 >_<
このあたりがまさしく中国人ですね。。 英語の出来ない日本人なら 意思が伝わらずチキンがきてしまったら ”しょうがないなぁ、まぁいいかコレ食べよう” とたいていはガマンすると思うのですが、中国人おじさんは何も伝わってないのにビーフをGetしてしまう。。 おそるべし。

そして、デトロイトまでの機内12時間を快適に過ごせなかった(っていうか しょせんエコノミー)最大の理由は 後ろの子供。。
機内に乗り込んでまだ動き出す前、どうもずっと背中をコツコツする感じがおさまらず、荷物の整理でもしてるのかな と後ろをチラっと振り返っても人影はなく。。 でも さらにコツコツがヒドくなるので 改めて後ろを覗き込むとそこには背もたれよりぜんぜん小さな子供が座ってる。。 その子供がガサゴソ コツコツ ガンガン私の背中を蹴っている。。
その私の一瞥で たぶん 隣に座ってるお父さんは 「静かにね」とかなんとか言ったにちがいない、 ほんの一瞬 静かになった。
けど、、、、その後の12時間 ずーっと コツコツ、ガサガサ、、動きっぱなし。 しかもしゃべりっぱなし。。 さらにこの親子(恐らく母親は別の席に座ってる)、お父さんも疲れ知らずなのか 子供のお話(というか 声がでかい)に付き合ってあげていて、多分日本語で言うところの「、、、だよね」 の ”ね” みたいな 文末が やたらに耳に付く。。 しかも親子ともに声がデカい。。
多分 3・4歳くらいだから 親には何をされても可愛い時期なのかもしれないけど。。
病み上がり(ってまだ完治してないし)・東京に山ほど仕事残してきてる・本社でもタップリ打ち合わせを予定されていて・関連部署の人達にも挨拶周りしないといけない多少の緊張・16時間も途中経由を含んでエコノミーに押し込められてる私からしたら、 可愛げもなにもない迷惑なただのうるさいガキ。。
おかげで 後半はずっと気になって落ち着かなかった。。
外国で見かける中国人は 私の中では ”がさつで声大きいし、お行儀よくないからキライ” な人たち。。
東京の人でたまに ”大阪人は声がでかいしなんだかキライ” っていう人がいるのと同じくらい 些細な感覚なんだけど。。 
でも 外人だけじゃなく日本でも子供が公共の場でお行儀よくないのは 一昔前(また出た)に比べてよく見かけるように思います。.。
自分に子供が居ないから 余計に目が厳しくなってるのかもしれないけど、確実に親は甘くなってると思います。。 ^_^;

そんななんだかんだで 今回しみじみ感じたのは 生意気でもなんでもなく、そろそろエコノミーは嫌だ。。 という事。
それこそ一昔前、もっともっと若い頃は 食べて・寝て・ちょっと映画見て のフォアグラ状態でも その窮屈さでさえ楽しかったりした頃もあったけど、 さすがにもう嫌ですね、、大人なら優雅にノンビリ空の旅を楽しみたいものです、、余裕があれば。。 (海外出張でビジネスクラスに乗れるようになるのは先が見えなくいら先の話な気はする)

そんなかなりアタリの悪い今回のフライトを終え、ホテルにチェックインし、本社のボスに電話をしたら(夕方) 自分が忙しいのもあってか あっさりと 「今日はもうホテルでゆっくりして、明日オフィスで会おう」 といってくれたので ホっと一息。
そして今は 24シーズン6放送中 ^_^   (まだシーズン5も見てないのに。。)

|

« アメリカの底力!? | トップページ | ボストン便り 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカの底力!? | トップページ | ボストン便り 2 »