2006年7月11日 (火)

ヘディングの相手を

頭突きの相手がボールじゃなく、人間 だったから退場になっちゃった、、本当に残念なジダンの幕切れだったですね。。

でもやっぱりワールドカップとか ましてやその決勝戦って こういう記憶に残る出来事を毎回積み重ねて 世界中が熱狂するイベント になっていくんですね。 コレでまた フランスvsイタリア戦は次回のW杯から ”因縁の・・” という枕詞が付くわけですね。

ジダンがアルジェリア移民の二世だからの差別発言を受けて頭突しちゃった とか 家族への侮辱発言だった とか いろいろ(ジダンが状況説明するまでは)憶測がとんでるけど よくテレビ番組のコメントで 「よっぽど頭にくる事を言われたんでしょうね、彼(マテラッティ)は以前から常習犯だし、でもスポーツマンシップを掲げるならアレ(頭突き)はやっちゃダメ」 という感じのコメントがあったりしますね。 試合前も人種差別の宣言をしてるわけだし・・ とか フランスの移民の子供達に夢と希望を与えてきたジダンなのに・・ とか。

でも、例えば人種差別の卑劣な言葉を投げつけられた事に対しても スポーツマンシップとはガマンしなきゃいけない理念なのかな。 発言した人間にはスポーツマンシップは問われないのかな。。 言葉って本当に恐ろしい凶器になる事がある、故意じゃなくてもなにげない一言がスゴく人を傷つける事だってある。 私だってわざとじゃないと言え 言葉で人を傷つけた事がある事も認識してる。 

でも意図的な卑劣な言葉を投げかけられてキレて頭突きしちゃう事を 子供達が見たとしても、ちゃんと状況を説明すれば悪い影響残さないんじゃないのかな。。 今まであんなにフランス国民に尊敬されたジダンでさえ頭にきてキレた くらいに差別発言や言葉の暴力は悪い事だ って ”そのまま” を教えれば それでイイ事なんじゃないのかなぁ。。

まぁルール上当然レッドカードな行動だったんだろうけど、でももし ジダンの行動が必要以上に非難されるとしたら、そのジダンをあそこまでキレさせたマテラッティがほとんど何も取りざたされない ”彼は常習犯だから” で済ませられてる事の方が 何かおかしい気がする。。 

日本のプロ野球でも 甲子園の阪神ファンのやじは痛烈 とか言われてるようだし セリエAのやじもひどい という話だけど ファンのやじ と 相手チームのやじ じゃあ意味が違うんじゃないのかな。。 サッカーの試合なんてやじも含めてだから それにいちいち本気で起こっちゃダメ とかいうのもあるのかもしれないけど、、 でも ホントに ”言ってイイ事と悪い事がある”。

私は別にぜんぜんジダンのファンだったわけでもなく、むしろ決勝戦はイタリアを応援してたからジダン擁護ではないけど、欧州内の人種差別についてほとんど全く関係のない日本人は あんまり極端なコメントはすべきじゃない気がする。。 日本で普通に育った日本人の私達には 差別 を実感する感覚なんて全くと言っていいほど持ち合わせてないハズ。 外国に住んでみるときっと一度は何かしらの”アジア人”への差別行為を受ける事があると思うけど 私自身 そういう時に ”ハッ” っとするダケで それが私の日常ではないからスゴく傷付くことはない、 でもそれが日常・自分の母国で受けて育った人には私達には分かりえない感情があるはず。

ワールドカップの試合をいろいろみて、一言にヨーロッパの国々と言っても ラテンな顔のチームや まったくゲルマンな顔の人達、 フランスのようにほぼ移民系のチーム と お国柄があって面白いな って思っていたのに こういう事件(コレが人種差別発言だったとしたら)があると 子供達が憧れるワールドカップ・サッカーというスポーツの現実の厳しい部分をみたような寂しさを味わった気がする。 決勝戦を実況したフランスのテレビ放送を字幕で紹介してた番組があったけど、アナウンサーがジダンの頭突きシーンでフランス人らしく実況した言葉が全てだったように思う。。

「今まで おとぎ話の中にいさせてくれたのに・・」 

| | コメント (1)

2006年7月 7日 (金)

もしかしたら世界一?!

以前にも書いた 母校の弓道部のお話になりますが。

先日、大学の全国大会の試合で女子チームが優勝したのです。 これはスゴい事です日本一なのですから。 弓道はおそらく 一般社会人も大学生も 的にあたるあたらない で言うと レベルの差はないんだと思います。 だから実質日本一 なんだと思うのです。

という事は、、 あの弓と矢で弓道する国は日本だけ(?ですよね??)だと思うから という事は 実質世界一 なのかも~?! とはちょっと飛躍しすぎかな ^_^;

でもでも もし弓道がオリンピック競技種目だったとしたら(ありえない・・ >_<) 少なくともオリンピック出場レベル って事ですよね~♪ これまた意味ない想像かな、、 ^_^; まぁココはマイナースポーツの悲しいところ。。

私達の頃も強いチーム(特に男子は)ではあったけれど 今は女子もすごく強くなってる。 後輩達、母校の活躍は無条件に嬉しいものです。 おめでとう!!

| | コメント (0)

2006年7月 5日 (水)

中田英寿さん

彼も今回人生2・30回目くらいなのかな。 

前世でも どこかの国でサッカーをしていて 代表としてワールドカップに出場していたのかも。 そこでの経験や、他の人生の経験を積んで 今の彼・こんなに多くの人に影響を及ぼす人 になったんじゃないかな。

ミスター長嶋さんのようなタイプのスーパースターは ある種 人間 と思わなくて済む感覚があるから 引退などのスゴい事態のさなか本人はどういう感覚なんだろう なんて余計な疑問は抱かないけど(っていうか長嶋さんの引退時はぜんぜん子供だったし) 彼はそういうタイプのスーパースターでもないように思う、 かといって親しみがあるわけでもない。

でも、いろいろ今後の彼を伝える記事に ”NYを拠点に、、、SOHOにビル・・” とかいうものを読むと なんだかイッキに親しみ というか ワクワクを感じた。 日本人 という事くらいしか私とは共通点なんてないけど 私がはじめてNYに勉強しに行ったのも29の時 それ以来NYが好き。 記事の内容が本当なら 少なからずNYに何かしらの愛着を感じているのだろうし それが嬉しい というか ワクワクするというか。

彼はそこで何を感じ そこから何を表現していくんだろう。

サッカーをする姿をもう本当に見れないという喪失感は NYから何かワクワクするものを伝えてくれるだろう という期待で補える かな。 

| | コメント (0)

2006年6月19日 (月)

醍醐味

対クロアチア 引き分けましたねー やっぱりワールドカップって”何が起こるかわからない” んですねぇ。

勝って欲しい、負けたら終わり、とか勝つか負けるかを想像した人が殆どだったような気がするんですよね。私自身 ”なんとか勝って欲しい、勝って欲しい” とは思ってたけど ”今日引き分ける” 事はほぼ想像してなかったような。。

こんな形で最後への望みをつなぐ事になるとはぁ、、

でも 最後まで楽しみも残った っていう事に関しては ワールドカップの醍醐味ですねぇ。

ジーコも楽しいだろうなー、母国のチームとこんな舞台でこんな背水の陣で戦えるなんて サッカー人冥利につきるだろうなー。

次もチームを信じて応援しよう~!

| | コメント (0)

2006年6月17日 (土)

6-0

6-0ってサッカーの試合のスコアとは思えない、 アルゼンチン すごい。

TV中継でさんまさんが 「MESSI、MESSI」って言ってて 最後10分出てきたけど。 やっぱりサッカーに歴史のある国って あんな18歳が出没するんだなぁ。。 W杯初出場10分で 初アシスト、初ゴール、、すごい・・  ホントにテレビ見ててよかった。。

WBCの時、王監督がメジャーリーガーからサインを求められてたけど、やっぱり日本は野球は歴史があるけど サッカーはまだまだですねぇ。。 まぁ これからこれから ^_^

でも本番直前の練習試合がイマイチな時に”気持ちの問題” とか、初戦負けた後に”気持ちを切り替えて” とか、、 他の国のチームはそんなレベルで挑んでないんだろうな。。

日本チーム負けるのは寂しいけど、それより他の国が面白いから もうそれで充分な気がしてきた。。

ワールドカップ、面白い。。

| | コメント (1)

2006年6月13日 (火)

負けちゃった

うーん、、残念。。

W杯ってやっぱり難しいんですね、、3大会連続出場くらいで ”オーストラリアとクロアチアに勝って、ブラジルには負けるだろうから、それでも決勝トーナメント進出!” なんて過信できるものじゃない。 やってみないと分からないけど ほぼ世界中の国がココをめざしてきてるわけだからねぇ。

このままじゃ なんだかフランス大会の時ようにヤな感じにズルズルしてもつまらないから 最低でもあと2試合はあるわけだし 他の国同士の試合もスゴく面白いからまぁまだまだ楽しみましょう。

日本は今 オーストラリアに1敗という事実以上でも以下でも何者でもない。クロアチアに勝ってブラジルに引き分けて他力本願で決勝進出 って決まったわけでもないし、クロアチアに勝ってもブラジルに負けて敗退 って決まったわけでもない。 選手達には現実をしっかりみて 次ぎやるべき事を全力で”勝つ”という強い強い気持ちをもって挑んでほしい なー ^_^

がんばれ!

| | コメント (0)

2006年6月 8日 (木)

4年越し

今日大阪は雨です、我が家のワンちゃん(シーズー、テリー)は 外で用を足すので梅雨時期は困ります。

でも、そんな雨の日の強い見方 レインコート♪

Cimg0969 見ての通りコレは 2002年W杯の時に買った日本代表ユニホームのレインコートなんですよね ^_^

もう4年たったのか~ とも当然感じるけど ずいぶん前の事のような感じもするし、、 いずれにしても我が家の12番 は 大活躍 なのです。

いよいよ明日からですね~、23人のメンバーにも大活躍して欲しいですね!

| | コメント (0)

2006年3月22日 (水)

世界一の喜びは例えば

ちょうど テレビのコメンテイターも同じような事を話していたのですが、

今回のWBC優勝の喜びは、

甲子園を舞台に、桑田・清原を応援してPLが優勝したときの喜びが、 自分が大人になって アメリカを舞台に日本チームが優勝し 喜びがワールド級にとてつもなく大きくなって戻ってきた ような感じがしたんですよね。

と考えると、、

甲子園で各都道府県を代表するチームを応援する地域間の戦いで敵意を感じた相手や、 プロ野球の応援チーム以外のチームのファンに敵意を抱く相手でも、 今回は、自国 というもう一つ大きな枠で一つになって喜び合える、

という事は、宇宙規模の仮想敵国があれば 世界の国が一つになって・・

なーんていうのは スポーツのような 仮想いくさ は宇宙に存在しないし、仮想でなく本気になったらそれこそ地球存続の危機だし、、

でも だったとしたら 環境問題 なんかは 地球をあげて一つになるべき事柄 なのになぁ とか・・

世界中の国が一つになって同じ喜びを感じられたら どんなに素晴らしいだろう って思うんだけどなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

長嶋ジャパンから王ジャパンへ

すごい! 本当にスゴい事になっちゃった!!!
荒川静香ちゃんが金メダルを獲得したあの感動から1ヶ月足らずでまたまた日本国中にこんな感動と興奮が訪れるとは、、
この日に日本に居れて良かった、日本でこの空気を味わえて良かった。。

おとといの韓国戦も、今日のキューバ戦も 試合のどのプレイも見逃したくないくらいのワクワクハラハラの時間だった。

2次予選の韓国戦でミスをした選手が 「日本に帰って野球できない」というくらいのプレッシャー、 想像を絶するプレッシャーなんだろうな、そんな中で 自分の力を出す事のすごさ。
よく、チャンスにヒットを打ったバッターや、難しい場面を3振で押さえたピッチャーなどに対して、「いい仕事をしましたね!」 って言葉がかけられるけど それって 男性アスリートに限った言葉ですよね、
荒川静香ちゃんには決して 「いい仕事をしましたね」とは言わない。 まぁそれに 王ジャパンの彼らは そもそもプロ選手だし。

サッカーがワールドカップで頂点に立つ道はかなり遠いけど、日本プロ野球の歴史と伝統でもって 世界一になれた。
やっぱり 国技と言っていい野球でのこの快挙は いろんな感覚を吹っ飛ばして、手放し、底抜けに、嬉しいですね!

長嶋さんと同い年、高校野球もめざし、巨人軍V9に胸躍らせた父など いわゆる おじさん達が 日本国中一つになって喜べる出来事、
なんだか 今回は とっても ”おじさん達が喜べる” という事が私の中ですっごく嬉しいキーワードになっているのですよね。

メジャーを代表するイチローが「王さんに恥をかかせられない」と言える 野球という大きな枠の中での師弟関係というか 先人を敬う気持ち。 オリックスの仰木監督が 「最後の花道は俺が用意してやるから」 といってオリックスに移った清原。
なんだか そういう 男の世界の師弟、上司と部下 の思い合える関係が 野球界に見られて 単純に 素敵だなぁ と思うのです。

トリノは女性の強さを感じたけど 今回はひたむきに頑張る日本の男性がとっても素敵に見えた大会だったように思います。
なんだか 日本中全員が関係者 の 『プロジェクトX』 って感じだった、
長嶋ジャパンから王ジャパンへ引き継がれた男のロマン ですね~ ^_^

こういう素晴らしい感銘は やっぱり自然と ”自分もがんばろう” って思わせてくれる、それってスゴいし 素直にそう感じた気持ちを大事にしたな、そういう感動に多く触れたいな。

NewYorkTimes の記事の最後には、
Despite having only two major leaguers, Japan won the tournament. Despite having no major leaguers, Cuba finished second. The United States feels it has the best players in the world. In this tournament, that was untrue. Japan, as the flying flags showed, was the class of this classic.

チームメンバーにメジャーリーガー二人の日本が優勝し、メジャーリーガーなど存在しないキューバが決勝戦に残った。アメリカはこのチームが世界でベストメンバーだと思って挑んだ、でもこの世界大会ではそれは事実ではなかった。世界一は日本だった。

ホントに本当に嬉しい、良かった、最高!!!!
バンザーーーーーーーーーイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

王ジャパン、がんばれ!

今日も、嬉しい~!!!!!!!!!

今日の韓国戦はさぞかし視聴率良かったでしょうね~。 試合開始が日曜の正午からなんて やっぱり日本と韓国への放映権とかでいろいろ調整あったのかな。

それにしても、韓国に2回負けたのなんて 今日でちょうけし(荒川静香ちゃんの金メダルみたい^_^;)ですね。

スポーツって ホントに 流れとか ムードって大事ですねぇ。 7回の表は もう いくらでも点が入りそうな感じがしたな~。 よく スポーツで 自分が精一杯力を出し切っていい結果が出ているイメージトレーニングは大事 っていうけど いい過程といい結果をイメージする っていう事がどういう事なのか 今日の試合を見てて分かったような気がしたんですよねー。

それにしても 野球でナショナルチームで オリンピックでなく アメリカも本気出してるいわゆるワールドカップ級の試合 って、 ジャイアンツファンも 阪神ファンも アンチジャイアンツも 野球好きのおじさん達みーんなが一つになって応援できる って 今まであんまり おじさん層にはなかった楽しさなんじゃ って私は思うのですが いかがなんでしょう。

私の中では 今回のWBCでの日本の活躍、かなり盛り上がってるのですが。 若者層は そうでもないのかな。。? 今日勝った後の街のインタビューなんかでは 東京でのインタビューは 結構落ち着いて喜んでたんですよね、 でも やっぱり野球は西高東低なのか 梅田で号外を配ってたニュースでは 若い女性までかなりの勢いで喜んでた♪

いや~ 長嶋さん流に言えば 今回は ホントにメイクドラマ ですねぇ~、 嬉しい嬉しい。

この勢いのまま キューバも破って 世界一!!!

がんばれ 王ジャパンッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)