2006年7月 8日 (土)

開脚ダイエット

インナーマッスルを鍛えましょう とか 骨盤を整えましょう とかまぁ 体の仕組み的なアプローチのダイエット(というか”引き締め”ですね)は 私も好きなのですが 最近よく見かけるのは 股関節を柔らかくして・・ ですよね。

つい先日も TBSのピーカンなんとか という健康情報番組でもやってました。

私が雑誌で読んだのは 骨盤を整えるために股割りをしましょう という内容だったので結局骨盤ダイエット なのだと思うけど。

子供の頃から体は柔らかいほうだったけれど ここ最近かなり以前より体が硬くなってる事を感じていたので 別にダイエットがどうのとかに関係なく、そうそう股関節柔らかくしなきゃね と思い 最近寝る前に開脚ストレッチしているのです。 雑誌には お相撲さんのように 最後は 180°開いてペタっと前にも曲がるように と書いていました(それを半年後に実現できるくらいのペースで と)。

まぁ そもそも柔らかいから 硬い人から比べたら最初から結構開脚するのですが それでもストレッチし始めと終わった後では 角度で言うと30°くらい違うんですよね。 でも開脚したまま前屈する時に できるだけ背中をまるめないように前屈していくとき なんだかなんとも言えない 妙な感覚になるんですよ、 アレってなんだろう。

スゴく痛いわけでもないし むしろ痛気持ちイイ くらいなんだけど なんだか頭の中にモヤモヤが渦巻くというか、、 例えば 静かな教室でいきなり大声上げて立ち上がりたくなる衝動 ってよく何かの例えにされるけど そういう 押さえつけられたものを爆発させたくなるイライラ というか。。

あの感覚 すっごく気持ち悪いんですよね・・ 感じた事ある人 いないかなか。。

| | コメント (0)

2006年4月20日 (木)

女の子トーク ~お肌と睡眠~

そういえば、2週間ほど前 友達に誘われてエステに行ったんですよね。
誰もが ”エステ”と聞いて一番に思いつく業界最大手で今(たぶんGWくらいまで)、”ご新規さん1万円割引” みたいなキャンペーンをやっているので それを使って行ったのです ^_^

効果は、、 まぁ1万円引きのお値段でなら 充分満足でしたね。 ^_^;
私が受けたコースはフェイシャルなのですが、やはり最初にお肌の状態を診るんですね、
で 「うーん、ちょっとお疲れぎみですね~」 との事。。 >_<
まぁそれは確かにそうだろうとは思ってたし 気になってるから来てるんだけど。。
コースの間、担当の方といろいろお話していても、「お肌が疲れてるとぉ・・」とか 「お肌の疲れがぁ・・」と 気付いたら”肌が疲れてるってどういう事だろう” という素朴な疑問にかられ、思わずそのまま尋ねたのです
「お肌が疲れてるってどういう事なんですか? お肌の疲れを取るにはどうすればイイんですか?」 と。
担当の方は最初、 ”しっかりクレンジングして、 週に何度かはゆったりとマッサージしてあげてぇ・・” とかいろいろ どこででも聞くような事を言ってくださってたのですが、私が あんまり納得していなさそうだったからだか フ と、
「まぁ そもそも 体が疲れていて元気がないと 当然お肌も疲れますのでね」
ピンポーン!!!!!
そうそうそう、そうよね~ と 今までの会話で一番 ピン と来たんですよね。
確かに私自身も コラーゲンがいいかしら? とか この美容液がいいのかしら? とか 飲んだり・つけたりするもので補おうとしてたけど、人間の体、首から上と下でちがう生き物なわけじゃないんだし そもそも体が元気じゃなきゃ! ^_^ って。

それで、体が元気なためには やっぱり、
 1.バランスのとれた食事
 2・適度な運動
 3.充分な睡眠
でしょう、 ねぇ。

1と2は 日ごろから気をつけている私なので(^_^) 残すは睡眠。
確かにここずーっと何年も 夜型人間 になってしまっているんですよね、
サラリーマンなら仕方ない とか言うこともできなくはないんですけどね。

でも、あの 藤原美智子さんも 何かの雑誌に話してたの読んだのですよ(きっと読んだ人も多いハズ)、
あんなに超売れっ子メイクアップアーチストだから 私達の想像を超える忙しさだと思うけど 最近 8時間睡眠をとるようにしたらしいです
そしたら 寝てなかったときよりも当然起きてる時間が多少少ない分 いろいろとすべき事にメリハリ・区切りをつけなければいけないけど、睡眠が足りてるから体も元気で動け、お肌もぜんぜん調子が良くなった
みたいな事を書かれていたのです。
あんなに忙しいのに 8時間の睡眠とるって すごい覚悟だと思うのですが、 やってみると違うのかもしれないですよね。

幸い 私は今 いくらでも睡眠を取れる幸せな環境に居るので 今のうちに きちんと寝るべき時間帯に寝るように体を慣らしておこう とは思っているのですが、、

先週 NYに着いた次の日、行きの機内で寝れなかったのもあり 時差ぼけとで2日目にものすごく眠く、しなければいけない事が山ほどあったのに 何もする気がおきなかったのです、
で、意を決して ずるずる起きてず、寝たのです、かなり長時間。
そしたら 次の日は スーッキリ、やる気も出て 快調~。

お肌のためにも、体のためにも できればこれからも ”きちんと寝る” 生活ができればな~ と思ったのでした。(でも 続くかしら・・^_^;)

あ、お肌と睡眠 とか書いて くちこみコスメ的な情報を期待された方、、 こんなでスミマセン ^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

病は気から

最近ずっと気になっていた体の異変を詳しく調べてもらうために 大きな総合病院へ行ったのです。

ご近所の病院では既に二度ほど診てもらったけど ”なんともない” としか診断してもらえなかったので、自ら 紹介状を書いて欲しいとお願いして総合病院へ、

紹介状を書いてもらう際、本来私が気になっている部分は、自分で想像するにも そんなに恐いたいした病気ではないハズだろう と思っていたのですが、先生は その症状に関連して念のため検査した方が良いであろう ある癌(あまり詳しく書けませんが^_^; ) の検査 という事で 紹介状を書かれたのです。

私も まぁキチンと調べて無駄なものではないから この際調べてもらおう とも思い。

総合病院へ着き、まずは診察。

私は 外科 にまわされたのですが、かなり大きな総合病院なので 外科にも細かくいくつもあり 外科3診 への割り振りだったのです。

外科3診 は いわゆる外科でなく、おそらくその種の”癌”にまつわる部門だったようなのですね。 だから 私の他に待っている患者さんはおそらく皆さん その病気を患ってるか 同じように検査のために来ている人達だったようなのです(今から思えば)。

で、まず診察があり 診察だけではやはり ”なんともいえない” ようなので レントゲンと超音波 をとることに。

レントゲンをとりにいき 放射線科の受付で写真をもらって 外科3診の待合所へ戻ると 私以外に一人 かなり年配の女性が一人 座って待っていました。

私も座っていると 看護婦さんが写真を取りにきてくれて 「超音波の時間を見てきますからもうちょっと待っててくださいね」 と言われ部屋の中へ戻っていき、

その後すぐ 隣の女性が私に話かけてきました、、

 女性 「健診?」

 私  (健診?検診? うーんでも”定期健診”でもないし 自ら志願してるし、ちょっと違うなぁ) 「あ~、いいえ ちょっと別のところで気になる部分があったので ついでに検査してもらってるんです」  (きっと私は癌じゃないし。。)

 女性 「結果聞くの恐いわよね~♭」

 私  (うーん、だから私は そこまでの疑いは持ってないんだけどな~) 「・・・ ^_^;」

 女性 「超音波も恐いわよね~♭」

 私  「・・・ ^_^;」

 女性 「私 ○○癌(別の癌)の検診は近所の病院でやってるのよぉ。 以前にねその検査してるときに 恐くて ふらっと意識を失いそうになってね、それ以来 軽い全身麻酔をかけてくれるから そこでやってるのよ~。 恐いわよね~♭」

 私  「・・・ ^_^; でも全身麻酔って、、 麻酔は恐くないですか?」

 女性 「だって、軽いものよそんなの。手術じゃないんだから」

 私  (??? >_<)

そこで初めて気付いたんですよね、その外科3診は ”その癌” の疑いの人達が主に来てるんだ、だからこの女性は私も”その癌”を心配してきてると思って話しかけてきてるんだ、、 という事を。 でもそういわれ続けることで なんだか 私も万が一のその癌 を”心配しなければいけない” ような気分になりそうで すごーくイヤな気分になってきたのですね・・  それでなくても、受付の問診表には 「あなたが癌だった場合、告知してほしいですか?」 とか 「あなたが癌だった場合、家族は告知してほしいと思っていますか?」 とかいう質問事項があり、ほとんど気にしてない人間でも なんだか かなーり気が滅入る質問が沢山あったのですよね・・♭

そこへ 看護婦さんが私に超音波の時間を教えてくれるために私のところまで来てくれて

 ナース「超音波ね、先の予約の方が今日はちょっと多くて 今からちょっと時間があいて1時からになっちゃうの、 だから お昼ごはんでも食べに一度はずしいただいてイイですよ」

 女性 「あらっ、そんなに時間かかるの?」

 私  (っていうか 私と看護婦さんの会話なんだけど・・)

 女性 「私は 彼女の前よね? あら~ 今入ってる人も時間かかるのかしら~」

 ナース「うーん、まぁ お一人20~30分ですかねぇ」

 女性 「あら~ そんなにかかるのぉぉ?」

 ナース(私に向かって)「超音波で診ているときに もし何かあればその場で先生からもお話ありますけど、何か疑わしいものがあれば そこで細胞をとって・・」

 女性 「細胞とるの! 恐いわぁぁぁぁ~♭」

 私  (だ・か・ら・・ 、私への会話だから・・・)

 ナース「まぁ 何もなくても 先生から超音波終わった後に一通り説明ありますのでね」

 女性 「細胞とるのぉ~ 恐いわ~♭」

うるさいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ、 うざいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!

まぁ・・ 恐いんでしょうねぇ、、♭   確かに私も 大したことないであろう症状を調べに来てるとはいえ 万が一 を考えたら恐いですよ。。 でも 私の性格では そういう状況での恐さ を 人に話しかけて紛らす ってしないし  私だって ”万が一!” とは思ってるんだから そーっとしてて欲しいんですよね。。 +_+

私が今一番恐いのはあなたの存在よ・・  と思い、とっととお昼ご飯食べに席をはずしました ^_^;

なんだかやっぱり 病院に行くと病気になりそうな気がしたナ・・

結局 私は無事 癌ではない事が分かり ひとまずホっとしているのですが、 その女性も癌でない事が分かって 笑顔で帰っているといいな と思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

ブログのメインテーマ 矯正日記①?

そろそろこのブログもメインテーマを決めなきゃ、こんなにあてもなく適当に書いてると 仕舞いには誰にも読んでもらえなくなる。。 ですよね。

そもそも、NYでの生活レベルのちょっとしたお話をかければ と思っていたのですが、日本一時待機中の今はそれもできず。。 ^_^;

でも このブログを1年前に始めてたのなら NY生活とともに 私の中での2大テーマだった歯列矯正 の事書けたのに と思ったり。。

人の日記を見ず知らずの人が読んで興味を示せる話題って、共通の趣味か、暴露話か、恋愛ネタ あたりですよね。

負け犬街道まっしぐらの私なら ”ちよこれいと結婚までの奮闘日記” とか題して、「今日の新しい出会い:0、友達からのお誘い:1、道で見かけたステキな人:2」とか書いても ただの”ブリジッドジョーンズの日記”ですもんね。。 それにそんな恥ずかしいこと絶対できないし (>_<)

なので テーマが決まるまで またちょっとあてもなく書いてみます・・(結局決まらない♭)

まぁ今日はその 歯列矯正話♪

同じ会社だった方はご存知の方も沢山居るのですが、日本に居るうちは舌側に装置をつけていたので、見た目はそーんなに分からなかったかもしれません。

でも アメリカへ移る時 「向こうでは歯列矯正を舌側にして隠す という文化がないから 動きも早いから表側に変えたら」との先生の勧めもあり いわゆる歯の前面にズラっと矯正装置の付いた矯正顔 になったのです・・

舌側の時は、”今だから話” だけど もう そのうっとうしさ、不便さ、痛さったらないです(T_T)  私の歯並びはそんなにひどいものではなかったので ”歯が動く痛さ”は 殆ど無かったに近いのですが、舌側につけた装置で口の中の皮膚は四六時中ただれ、口内炎だらけになり 話したり食事の度に その口内炎に装置があたり 痛いのなんのって。。

でもでも、そんな辛さはまぁ2ヶ月くらい、人間の身体って 本当に順応性がスゴいです。 今でも口の中は口内炎やら装置での傷跡だらけですが そんな傷跡さえなじみ もうほぼ全く痛くないし、話すことや 食事も不便ではありません。

まぁ正直、食事は今でもずっとやっぱりイヤですね。。 だって 装置に食べ物が詰まりまくるんですよ、想像してください・・ (>_<) だから外での食事がめっきり億劫になりました。

装置がとれたら 外食をめいっっっっっっっっっっっっっぱい楽しみたい と切に願ってる日々です。

でもでも、そんな辛い時期が続いても! 歯列矯正は素晴らしいです!!(回し者だ♭)

特に少しでも歯並びが気になる女性や、娘を持つ親には 絶対に勧めます。

あご周りがぜんぜんスッキリするんですよ!!! もうプチ整形なんてぜんぜん目じゃない! といっても 私の使用前使用後をご存知の方から 「え!?変わったの?」と言われたらミモフタモありませんが。。

でも そういう変化は本人が一番よく分かる、やっぱり噛み合わせや歯並びは あごの周りの筋肉やら脂肪に大きく影響して、それらが悪いと顎周り・、顔はバランスの悪い肉付きになるのです、そして 小顔から遠ざかっていくのです~。 その場合、どんなにダイエットしても、どんなにフェイシャルエステでごまかしまくっても 根本的に解決はしないのです。 でも噛み合わせ・歯並びがよければ 多少太っても 顔に妙なお肉が付きづらくなるのです♪

力説してまた話が長くなりましたが、私の矯正生活もそろそろ終盤を向かえ、装置を外せる夢の日ももう目の前です(*^_^*)

いつかまた 矯正日記② で進捗をお知らせします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)